今回はZガンダムについて個人的なレビューを書きます。
個人的総評価:★★★★★

go0846

COST380/TIME590と百式と同様に最高コストの強襲機体です。
金設計図では連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)が装備できます。

COST:380、M-COST:10とかなり重い機体です。
TIMEも590となっており、再使用に約10分かかります。
シールド耐久力は1210とガンダムNT-1同様、
高い耐久力+ビームコーティングと高性能ですが、
シールドを外すことができません。

機体性能はほぼガンダム試作3号機と同等ですが
ウェイブ・ライダー形態へと変形可能で、
変形時は最大速度が約1410と百式以上になります。
また、変形時はブースト消費が減るため長く移動できます。


2016/6/8の機体調整により以下の武器に調整がかかりました。
武器 修正前  修正後 
 ハイパー・メガ・ランチャー 85009500
 ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾) 60007000
 ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)M 40004500
 ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)F 1000011000
 腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾) 35004000
 腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)M 25003000
 腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)F 45005000

基本的な装備ですが以下の組み合わせが多いです。
「頭部バルカン」or「ビーム・ライフルFA」
「ハイパー・メガ・ランチャー」or「ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)F」
連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)

機体特性「ビームシューター」の方がよく使っている構成。
バランスは140以上を確保できる。
go0877

機体特性「ビームシューター」が最も発揮できる装備構成。
バランスは100以下になってしまう。
go0847

機体特性「ロケットシューター」が最も発揮できる装備構成。
こちらもバランスは140を確保にできる。
go0878

基本的な戦い方としては以下のような感じになります。
【特性:ビームシューターの場合】
1.ハイパー・メガ・ランチャーでの
 よろけ・撃ち落しからの追撃。
2.連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)での
 怯み・撃ち落しからの追撃。

【特性:ロケットシューターの場合】
1.連射式腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)での
 よろけ・撃ち落しからの追撃。
2.「ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)F」での
 よろけ・撃ち落しからの追撃。

ハイパー・メガ・ランチャーですが、
弾速は相当早いものの、集弾性能がかなり悪く
近距離での撃ち落しが基本となります。
特性「ビームシューター」と組み合わせると高威力となります。
go0879
弾速が2016/6/8にて強化され、ロックオンを強化しておくことで
ロックオン>射撃での命中がより楽になりました。
更に威力も強化されたため、万バズクラスの威力となりました。

ハイパー・メガ・ランチャー(ブラスト弾)Fですが、
2016/6/8にて万バズを超える威力11000と強力なものになりました。
go0880
使い方は基本的なバズーカFと同じですが、
特性「ロケットシューター」Lv.3では威力が13200となり
ほぼ全ての機体から地上でのよろけを狙うことができます。


腕部グレネード・ランチャー(炸裂弾)は
基本的に180mmキャノン(マゼラ・トップ砲)と同じです。
内臓武器のため切替時間がなくすぐさま攻撃しやすいです。
連射式の場合は1クリックで2発発射されるため強力です。
特性「ロケットシューター」と組み合わせると地上でのよろけが狙えます。
go0849

バトルアシストモジュールですが、元の再出撃時間が
高すぎるため装備しなくていいと思います。


欠点ですが、機体性能が360コスト機体とほぼ同等なことです。
また他の機体より少し大きくて目立つので狙われやすいです。
しかしながら2016/06/08にて武器が強化されたため、
機体性能はこれぐらいで十分かと思うほどになりました。

ハイパー・メガ・ランチャーの命中率・威力が格段と上がり、
ブラスト弾も地上よろけが容易に狙えるようになりました。
更にハイパー・メガ・ランチャー系統を装備中でも
シールド防御が発動することからガンダムNT-1とほぼ同等の
耐久力の高さ
を発揮できるようになりました。

百式とは別の強さを持った機体となりました。
高コスト・高再出撃時間がネックですが、
それだけの価値がある機体となったかと思います。