こちらは高コストのチャージ・バズーカFになります。

チャージ・バズーカは機体コストにより威力が若干変ります。
コスト280以上は高コストとなります。

・チャージ50%
威力1.2倍、弾速1.1倍
・チャージ100%
威力1.5倍、弾速1.2倍

チャージ・バズーカFはマガジン弾数が1発なものの、
特性「ロケットシューター」と組み合わせるとトップクラスの威力になります。

以下は個人的な強化例です。

go0096

威力>リロード>効果範囲と強化しています。
やはり一番重要なのは威力だと思います。
画像では100%チャージで威力が10,725まで上がります。

基本的な使い方は、通常のバズーカと同じように
ロックオンは行わないで撃つことが多いです。

一番多く使われているのはチャージ・バズーカFですが、
空中で当てたい場合は弾速の早いチャージ・バズーカSがオススメです。
この場合は、ロックオンを上げる必要があります。

戦い方としては、基本的にフルチャージ状態で移動します。
敵を見つけたら、いつでも撃てるような感じです。
ただ、空中にいる相手に当てるのは難しいので気をつけてください。
使い方は通常のバズーカと同じにように足元を狙う感じで撃っています。

相手が壁に隠れても爆風でダメージを与えれるため、
隠れている横などに打ち込むことで削って倒したりできます。

最初に書いたとおり、特性「ロケットシューター」と組み合わせることで
「シュツルムファウスト」クラスの性能が出せることです。

また、デザート・ジムザクⅡF型(重撃装備)などの
低コスト機体でも特性「ロケットシューター」があれば
強力な1撃が出せるため、コスト調整などにも使われています。
設計図も安いため、特性が上げやすいのでオススメです。

欠点としては空中では当てにくいことと、自爆しやすいことです。 
チャージ・ビームライフルが苦手な人はこちらをオススメします。