今回はバーザム改について個人的なレビューを書きます。
個人的総評価:★★★★☆

go662

COST340/TIME400と高コストの強襲機体です。
金設計図だとビーム・サーベル(二刀流)が装備できます。

足回りはガンダムMk-Ⅱに若干ブーストチャージが負けますが、
最高速度やブースト容量はほぼ同じです。
COST340帯ではトップクラスの足回りとなっております。

シールドの耐久力もガンダムMk-Ⅱと同様の耐久力910で
ビームコーティングされております。

ビーム・ライフルFA、二刀D出力強化、ナパームFでバランス110を超える
go663

ガンダムと違い、ナパームが銀設計図でも装備可能のため、
よくある金設計図ガンダムと同じ武装構成にすることも可能
バズーカは後期型となっており弾数多くや効果範囲も広い
※ただし二刀を持つ場合はバランスが100以下になるので注意
go664

装備ですが、個人的には以下の装備でやっております。
・ビーム・ライフルFA
・ビームサーベル(二刀流)D出力強化型
・グレネード・ランチャー(ナパーム弾)F


戦い方ですが、主にグレラン(ナパーム弾)からの
追撃でビーム・ライフルFAや格闘で戦っています。
この機体はビーム・ライフル⇔グレネード・ランチャーの
切替時間がない
ため追撃がしやすいです。

また、二刀流D出力強化型のダッシュ格闘が
ガンダム・ピクシーのモーションに似ており、
範囲も広く当てやすいです。
go665

基本的にグレラン(ナパーム弾)をもったいぶらずに使うことが
相手を撃破することのコツ
だと思います。
また、グレラン(ナパーム弾)が切れてしまった場合も
二刀流D出力強化型のD格闘が優秀のため
ガンダム・ピクシーのような戦い方に変化できます。

モジュールですが「補助弾薬」がオススメです。
補給の出来ないグレラン(ナパーム弾)の弾数を増やすためです。 
ビーム・ライフルFAを使う場合は「移動射撃補助」もオススメです。

欠点ですが、グレラン(ナパーム弾)からの格闘を
戦闘のメインにしている場合、グレラン(ナパーム弾)が切れると
格闘頼りになってしまう点です。
また、バズーカ、2刀、グレラン等を装備する場合は高積載が必要となり、
機体バランスを安定させるには機体強化に
マスチケが必須レベルになるといった点もあります。

COST340帯で安定した性能を持っているガンダムでしたが
バーザム改という上位版が出てきてしまいました。
足回りもガンダムを超え、バズーカも弾数の多い後期型
更にビームコーティング盾と防御面も強力となりました。
ただ、ガンダムの強みはGPで設計図が購入でき、
特性が上げやすい
のでまだ需要はあると思います。

ガンダムとバーザム改の性能比較
go666

DXガシャコン専用機体のため、余り見かけることはありませんが
実際に使ってみて、かなり使いやすい機体でした。 
ガンダムが使いやすい方は上位版として考慮してはいかがでしょうか?