4月22日に実施した統合整備計画後のゲーム内の状況を鑑み、4月28日の定期メンテナスにてバランス調整が予定されているようです。

go5777

ガンダム試作3号機、逝く。
ハスラー・〇ン「力を持ちすぎるものは、全てを壊す。お前もその一人だ。」

■概要と経緯
今回統合整備計画ではロックオン距離による性能補正に、命中精度を向上させる機能を追加するアップデートを実施いたしました。この対応では汎用的なビームライフル系統、単式マシンガン系統などのセミオート武器、バズーカ系統、および一部のチャージ武器系統の利便性向上を行い、それらのカテゴリの武器を持つ機体の利用が促進されるよう調整を実施しました。

統合整備計画実施後、「性能補正が適用されるロックオン距離」を延長した武器を所持する一部の機体について、利用率、撃破などのパフォーマンスが突出している状況であることを確認しております。

お客様からも今回の調整に関しては多くの反響をいただいており、前述のパフォーマンスも含めて現状のゲームバランスについて開発運営チームで協議を重ねた結果、これらの武器については調整が必要と判断いたしました。調整実施から日が浅いなかでの対応となり、お客様にはご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
弾が追尾するような機能つけるよ!
⇒一部機体が壊れました助けてください。

というわけで、皆が懸念していたような事態が起きてしまいました。わからんのか?イレギュラーなんだよ やりすぎたんだ お前はな!ということでぶっ壊れた機体が調整されます。
瞬〇のコル〇ルトも納得の調整ということです(意味不明)

■ガンダム試作3号機
・機体性能
 アーマー3635 ⇒ 3785
・フォールディング・バズーカ(2挺)
 性能補正が適用されるロックオン距離:380 ⇒ 280(4/22調整前:180)
・フォールディング・バズーカ(斉射)
 性能補正が適用されるロックオン距離:400 ⇒ 320(4/22調整前:300)
消えろ、イレギュラー!
メイン武器であるフォールディング・バズーカ(2挺)がロックオン補正が効く距離が大きく減少します。元々他の機体より有利な距離からロックオン補正で攻撃出来ていたのが他機体と同じようになります。残念でもなく当然。

■エールストライクガンダム
・機体性能
 ランチャーストライカー装備時の最高速度:1100 ⇒ 1119
・アグニ
 性能補正が適用されるロックオン距離:400 ⇒ 350(4/22調整前:300)
イレギュラー要素は抹消する。
個人的にも使ってみて分かったことは「これアカン奴や」と思ったアグニですが、ロックオン補正が効く距離が減少します。ただ機体の最高速度が上昇し多少動きやすくなると思うので、COST340機としては全然使えるんじゃないでしょうか。

■ケンプファー
・ジャイアント・バズ(2挺)
 性能補正が適用されるロックオン距離:180 ⇒ 280
 予備弾数:6 ⇒ 10
 発射タイプ:2点バーストへ変更
ケンプ「ファッ!?棚ボタもろたで!」
ジャイアント・バズ(2挺)が調整されるガンダム試作3号機の「フォールディング・バズーカ(2挺)」のミラー武器となるようです。とはいえ転倒を狙える手段が増え、ユニーク武器であるチェーンマインや強力なショットガンもあるので使う人が増える・・・かも?

■調整に伴う対応について
本調整に伴い以下の対応を併せて行う予定です。5月中頃までのいずれかの定期メンテナンス時に行うよう準備を進めていますが、しばらくお時間を頂戴することになります。恐れ入りますが少しお待ちくださいますようお願いいたします。

■対象期間
4月17日 19:30 ~ 4月24日 21:30

■対応1
下記対象期間中にDXガシャコンピックアップをプレイしたパイロットに対して、プレイ回数に応じたDXガシャコンチケットの配付

■対応2
下記対象期間中に、ゴールドハロチケットにて下記対象機体を交換したパイロットに対して、交換に使用したゴールドハロチケットの配付
 ▼対象機体
 ・ガンダム試作3号機
 ・エールストライクガンダム

■対応3
下記対象期間中に下記対象機体に対して使用したマスターメカニックチケットの配付
 ▼対象機体
 ・ガンダム試作3号機
 ・エールストライクガンダム
ピックアップDXに使った回数分のDXガシャチケ、GP03またはエールストライクをハロチケで交換した分のハロチケ、GP03またはエールストライクの強化にマスチケを使った分のマスチケが返ってきます。もちろん手に入れた機体は当然ですがそのままなので、ご安心ください。