8月下旬実施予定の「統合整備計画」にて、個別調整を予定している機体が紹介されました。

go4872

この記事ではジオン機体のみを取り上げています。


▼ユニコーンガンダム3号機 フェネクス
・機体性能
 ⇒アーマー増加
・メガ・キャノンB4
 ⇒発射間隔短縮
・固有モジュール「NT-D」
 ⇒デストロイモード発動中の効果に「よろけ・転倒無効」を追加
ついにスーパーアーマー化!!
とはいえNT-D発動中限定ということで、この点はシナンジュと同等になります。現状のアーマーは4,050で、FAユニコーンガンダムが4,150なのでそれを超えてくるかもしれませんね。

▼サザビー
・ファンネル
  ⇒DP増加、発射間隔短縮
・ビーム・ショット・ライフル系統 TYPE-A
 ⇒威力増加、弾速上昇
・ビーム・ショット・ライフル系統 TYPE-B
 ⇒威力増加
元々DP/DPS共に強力なBSR(ショットガン)が更に凶悪になりそうです。ファンネルのDPが強化されることからファンネルと組み合わせて戦うスタイルになるかもしれません。ただ今後使われるかは、弱点である機体サイズによるダウンゲージ量・体格減衰の調整に大きく左右されると思われます。

▼ローゼン・ズール
・機体性能
 ⇒アーマー増加
・インコム
 ⇒DP上昇
固有モジュールにより10秒間ダメージ50%減少があるためか、元々のアーマーがクロスボーン・ガンダムX-2並みに低い数値でした。元々遠距離で戦う機体ではないので、ようやく弱点が補えるということでしょうか。インコムはスロウが弱体化されるためDPが上がったのかも・・・?

▼トーリスリッター
・機体性能
 ⇒アーマー増加
・3点式メガ粒子砲系統
 ⇒威力増加、一部タイプのDP増加
・マシンキャノン
 ⇒射程距離上昇、弾数増加、予備弾数増加、ロックオン上昇 ※一部タイプのみ
・固有モジュール「HADES(トーリスリッター)」
 ⇒基本最高速度上昇(効果up)
 ⇒ダッシュ、ジャンブ時のブースト消費量減少(効果up)
・ハイパー・ナックル・バスター(Blast)系統
 ⇒爆風エフェクトの調整
やっとアーマーが増加される!!
COST360で素アーマーが2,650という低い設定で完全ネズミ仕様だったのですが、アーマー増加と3点式メガ粒子砲系統・マシンキャノンの強化によりKD運用も出来るようになるかもしれません。個人的にはストカスのような格闘拠点殴り特化の強化になると思っていましたが、格闘の強化がされていないのが少しだけ気になりました。

▼カプール
・胸部ロケットランチャー
 ⇒DP増加、反動減少
・連装ロケットランチャー系統
 ⇒弾速上昇、反動減少、連射間隔短縮
・胸部ミサイルランチャーFA系統
 ⇒威力増加
本機の射撃武器が強化されます。実弾系武器メインで水中で威力が上がらないのが気になるのですが、この調整で戦場のマスコットとしてみることが増えるでしょうか?

▼シルヴァ・バレト・サプレッサー
・カメラ位置の調整
・ジャンプ時におけるバックパック(背部バーニア)の動きを調整
・ビーム・マグナム
 ⇒反動減少、ロックオン上昇、補給可能へと変更
・ビーム・ライフルFA系統
 ⇒威力増加、弾速上昇、射程距離上昇、エフェクト変更
・ビーム・ライフル系統
 ⇒エフェクト変更
(祝)ビーム・マグナム補給可能へ!!
カメラ位置の調整とメイン武器であるビーム・マグナムのロックオン&補給可能への変更で大きく使い勝手が良くなるのではないでしょうか。ゴールド設計図限定でないと斉射バルカンがないため追撃が厳しかったのですが、よろけ時間延長によりBRFAでも戦いやすくなるかもしれません。

▼ゼク・アイン(第3種兵装)
・機体性能
 ⇒ブースト容量増加
 ⇒積載量増加
・専用マシンガン系統
 ⇒威力増加
・武器追加
 ⇒クレイ・バズーカ系統
クレイ・バズーカ系統の追加により、ようやく補給可能な瞬間火力武器が持てそうです。また、継続射撃が出来るものの、DPSが低かった専用マシンガン系統の威力増加で撃ち合いにも強くなりそうですね。個人的にはモジュールの再使用時間が10秒に短縮されればもっと価値が上がると思います。それよりゼク・ツヴァイまだですか?


といった上記機体が調整対象のようです。
果たしてこれら機体が使えるようになるのでしょうか。






最後に一言。






この調整でフルコーン抜いて連邦に勝てるの?