11月7日(水)の定期メンテナンスにて以下の機体の調整が行われるようです。
どちらも最新のDXガシャコンVol.62の機体です。
特にシナンジュ・スタインのガッカリ度はかなり大きかったでしょう。

ジェスタ シェザール隊仕様 C班装備
go3889
※画像は調整前のものです。
・キャプチャーガン
 射程距離:210⇒300
・ビーム・ライフル(TYPE-A)
 射程距離:420⇒480
・ビーム・ライフルM(TYPE-A)
 射程距離:390⇒450
・ビーム・ライフルF(TYPE-A)
 射程距離:390⇒450

目玉武器(?)であるキャプチャーガンの射程が増加します。これはジム・クゥエルのハイパー・バズーカ(ネット弾)よりも射程が長くなります。また、BRFAの射程も若干増加します。
機体性能がCOST320のジェスタ全く同じということでジェスタと比べてしまうと、どうしても本機の方がネットガンはあるもののコスパを考えると使い勝手が悪い気がしてしまいます。

シナンジュ・スタイン
go3892
※画像は調整前のものです。
・機体性能
 ブーストチャージ:280⇒320
 最高速度:1185⇒1195
・ハイ・ビームライフル(高出力型)
 射程距離:330⇒420
 ロックオン:660⇒680
・ハイ・ビームライフルFA
 射程距離:450⇒480
 ロックオン:680⇒720
・ハイ・ビームライフルFAM
 射程距離:420⇒450
 ロックオン:660⇒700
・ハイ・ビームライフルFAF
 射程距離:390⇒420
 ロックオン:640⇒680

ブーストチャージがかなり強化され、最高速度も若干上がります。ただ弱点の1つ、ブースト容量が強化されないのは個人的には非常に残念ですね。もう少しあっても良いかと。
目玉武器であるハイ・ビームライフル(高出力型)は射程が大きく強化されるので、非常に使い勝手良くなると思います。上記のコンボ武器であるハイ・ビームライフルFAも同様ですね。
ただちょっと本機が戦える距離を考えるとアーマーがZガンダムと同等なのは辛いのでは、などと考えてしまいます。もちろん武器は超強力なんですけどね。

どちらも機体の特性を生かして戦うのには立ち回りが重要になると思いますので、ユニシナのように万人にオススメできる機体ではないと個人的に考えております。

果たして調整でどのような成果を遂げるでしょうか?