今回はゲルググMについて個人的なレビューを書きます。
個人的総評価:★★★☆☆

go464

COST280/TIME190と中コスト機体です。
同コスト帯では安定した足回りと豊富な武装が揃っています。
金設計図でないとジャイアント・バズが装備できません。

COST280ですがフル強化でブースト容量が1,517、
積載が2,261と高COSTクラスになります。
コスト調整用としても安定している優秀な機体です。

シールドは耐久力730でビームコーティングはありません。
ですが、アーマーもフル強化で1,931あるので耐久力は高めです。

積載6割程度の強化で以下の3種類+シールドでバランスが110を超える
go465

個人的にはとにかく射撃重視の機体としてオススメしております。
以下のような装備の組み合わせがオススメです。
■パターン1
 装備①ビーム・ライフルFA or ビーム・ライフルFAF、
 装備②100mm連射砲 or 100mm連射砲F改、
 装備③3点式MMP-80マシンガン or ジャイアント・バズtypeF
■パターン2
 装備①100mm連射砲 or 100mm連射砲F改
 装備②ビーム・サーベル改良型 or ビーム・サーベルD出力強化型
 装備③ジャイアント・バズtypeF

戦い方は金設計図の場合はバズーカからの
追撃ビーム・ライフルFA、100mm連射砲またはD格など
基本的な戦闘方法で十分に戦えます。

銀設計図であれば奇襲からの回り込み射撃や
味方機体と行動し援護射撃などで活躍できます。

また、TIME(再出撃時間)が190秒と短いので、
戦艦・補給からの拠点凸攻撃などに運用しやすい
です。

格闘武器ですが、少し発生モーションが遅いので注意が必要です。
格闘武器を使うのであれば以下の2種類がいいと思います。
・ビーム・サーベル改良型
・ビーム・サーベルD出力強化型

機体特性ですが「ビームシューター」は
ビーム・ライフルFAの威力上げになるのでオススメですが、
「制圧強化システム」も現在では有効に使えるようになっています。
特にバトルエリア(BA)内ですと特性が制圧強化の機体は
本当に生存率が高く、相手にすると非常に厄介な特性です。

バトルアシストモジュールですが、
射撃の命中率上げに「移動射撃補助」がオススメです。

欠点ですが、機体サイズが大きく被弾率が高いことです。
プロペラントタンクは当たり判定から除外されましたが
隠れるときにはみ出たりすることで、見つかりやすいです。
go467
中コストで機体性能も高く、コスト調整用としても使いやすく、
地上・宇宙どちらでも使用できるのが魅力です。