個人的評価:90/100

go2827

COST340/TIME400の高コスト重撃機体。
DXガシャコンVol.53にて実装。

■スターク・ジェガンと同じ強襲ブースト持ち

COST340の本機だが、同コストのスターク・ジェガンを超える最高速度を持ち、スタークジェガンと同様に強襲ブーストでジャンプ力もあるという重撃機体の中では非常に動きやすい機体だ。
スターク・ジェガンと違い、本機はダウンゲージレベル2(600/1200)になっている点も注目したい。
また、本機は低耐久力ながらシールドも装備しておりスターク・ジェガンより耐久力はある。
 
以下はスターク・ジェガンとの比較である。
ブーストチャージは圧倒的に劣ってしまうものの、アーマー、最高速度、ブースト容量は本機の方が高い設定になっていることが分かる。
go2828


■装備構成は主に以下の構成がオススメ

以下は、筆者が主に使用している武器構成である。
・2連装ビーム・ガンFA、腕部グレネード・ランチャー、腕部ロケット・ランチャー
FAではなく、SAの2連装ビーム・ガンでも十分強いと思う。
go2829

本機は兵科タイプ「重撃」の通り、中距離からの攻撃が非常に強い
腕部グレネード・ランチャーでの面制圧攻撃、射程が長い2連装ビーム・ガンFAでの中距離支援、腕部ロケット・ランチャーでの追撃など強力な武装が揃っている。
近距離も十分戦えるが、ブーストチャージの低さから前に出て戦うと離脱が非常に難しい

戦い方だが、まずは遠距離から腕部グレネード・ランチャーをばら撒きDPを削りつつ、2連装ビーム・ガンFA腕部ロケット・ランチャー追撃などの内蔵攻撃を駆使して戦うことになる。
また、この装備構成はシルバー設計図でも可能である。

最後に本機の特徴武器である「チャージ式2連装ビーム・ガン/最大出力」だが、最大出力はフルチャージで威力が4倍と強力な攻撃力を誇るが射程が余りにも短い


■中距離での戦闘能力は非常に高い

本機の強力な武器は「腕部グレネード・ランチャー」である。
これはルナタンクと同性能だが、本機はルナタンクと違い、ジャンプ力があることから上を使った攻撃や、機体速度もあり一気に前に時にも強襲機と並んで戦うことが可能だ。
特に中距離からジャンプして、高度から敵を見つけて撃ちこむことにより、非常に有利に攻撃を行うことができる。続いて射程の長い2連装ビーム・ガンFAで追撃が強力だ。

2連装ビーム・ガンFA
連射速度を1473までは必ず上げたい。続いて威力・ロックオンを強化し、余裕があればリロード速度や集弾性能を強化しよう。ロックオンは830前後がオススメだ。
go2831

腕部グレネード・ランチャー全てMAXを目指したい。
この武器は1クリックで2発発射なのだが、次の発射間隔が短いのでほぼ4連続榴弾として使える。そのため、F型を使うよりこちらを使ったほうがマガジン火力も効果範囲も高い。
総弾数が少ないので弾薬の管理はしっかりする必要がある。
go2832

腕部ロケット・ランチャーはまず効果範囲と威力を強化し、その他は個人的な好みとなる。ロックオンして攻撃するならば、ロックオンを強化してもいい。射程が比較的短いので射程を強化するのもアリだ。筆者の場合は榴弾からのコンボとしてノーロックで発射するためリロード時間を強化している。
go2833


■弱点はブーストチャージの低さ

本機の弱点は圧倒的に低いブーストチャージにある。
とにかくブースト回復が遅いのだ。そのため継続的に飛びき回っての攻撃は非常に危険が伴う。しっかりとブースト容量と把握して動かないとブーストが切れてしまい、あっという間に敵に囲まれてしまうなんて事がよくある。ブーストチャージを強化しても200ちょいしかない。
go2830

また、腕部グレネード・ランチャーは榴弾のため、榴弾の使い方をある程度慣れていないと狙った場所に攻撃出来なかったりと難しい点もある。


■ブースト管理に気をつければ強力な機体

本機の問題点といえばブーストチャージの低さが課題だ。とにかくブースト移動を続けるとすぐにブーストが切れてしまう。ブースト容量が多くても回復量が少ないのはやはり辛い。
ただし、これを除けば強力な面制圧攻撃能力を持っている強機体であることは確かだ。
重撃であるがシールド持ち、強襲ブースト、最高速度の高さといい悪い部分はほとんどない。あとは榴弾に慣れれば非常に使い勝手の良い機体である。

go2834

本機のブースト移動は本当にカッコイイ。某有名ロボットアクションゲームを彷彿とさせる。
これだけで使う価値があるのではなかろうか。