本日のメンテナンスにて
DXガシャコンvol.53の配信が開始されました。




以下は初期能力と武装になります。

ガンダム AN-01 トリスタン [強襲/360/地・宇]
go2787
go2788
機体性能はガンダムNT-1より若干アーマーが低く最高速度が高いです。
その他の性能はガンダムNT-1と同等です。

▼ガンダムNT-1との比較。
go2790

ビーム・ライフル(高出力)はDPは高いものの、威力が抑えられており補給可能です。
ただし、ビーム・ライフル(高出力)を装備する場合、ビーム・ライフル系とバズーカ系が装備制限がかかるため、両腕部ガトリングガンを使用する場合はゴールド設計図でないとできません。
まさに、本機の能力を発揮させるにはゴールド設計図が必要ということですね。

▼武装の一部
go2789


▼フルアーマーガンダムMk-Ⅱ [重撃/340/地・宇]
go2791
go2792
COST20↑のガンダムMk-Ⅲとの比較ですが、ブーストチャージ以外は全て上回っております
ガンダムMk-Ⅲとは一体何だったのか。
ブーストチャージが180とフルアーマーガンダム同く低いのでブースト管理が大変そうですね。

武装は内蔵の重撃BRがあり、2タイプのチャージ式2連想ビーム・ガンとの組み合わせが強力そうですね。チャージ式2連想ビーム・ガン(最大出力)はフルチャージでDP/威力が4倍となるようです。
ただし相当当てにくいとのことです。
そして腕部グレネード・ランチャーはもしかして、ルナタンクと同様のものでしょうか・・・?

▼武装の一部
go2793


▼R・ジャジャ(トワイライトアクシズ) [強襲/360/地・宇]
go2794
go2795
機体性能はR・ジャジャより若干アーマーが低く最高速度と積載量が高いです。
その他としてブーストチャージ、緊急帰投性能も少しだけ違います。

▼R・ジャジャとの比較。
go2798

▼専用モジュール「バリアブルモード(TA)」により8秒間実弾・ビームを50%軽減します。
go2797


本機の特徴として、バーザムと同様にチャージ・スタンビーム・ライフルがあり、こちらとBR、SMP(斉射)、格闘と組み合わせて戦うことが可能です。ただし、チャージ・スタンビーム・ライフルとSMP(迎撃弾)は同時装備不可のため、用途に応じて使い分けたりする必要があるかもしれません。
go2796


▼高機動型ゲルググ(ユーマ機) [強襲/340/地・宇]
go2799
go2800
同COSTの高機動型ゲルググ(VG)との比較ですが、最高速度、ブースト容量は若干高いものの、アーマーが300以上低いです。また、シールド耐久力は400高いです。
このアーマーで格闘は厳しいのでは・・・と感じざるを得ません。

▼専用モジュール「青き雷光」により、格闘ダメージ・ヒット時の膠着時間が軽減されます。
go2802

武装ですが、ビームナギナタ(連撃)は固定装備となっており外すことが出来ません
ビームナギナタ(連撃)はロックオンを行ってから攻撃することでMSや簡単な設置物をすり抜けて攻撃ができ、硬直時間が軽減されます。アクションキーで通常のものにも変更できます。

▼武装の一部
go2801