12月24日の定期メンテナンスにて
新しくDXガシャコンが配信されるようです。

go0337

【地球連邦軍】
百式 [強襲/地・宇]
ネモ [強襲/地・宇]

【ジオン】
キュベレイ [強襲/地・宇]
ザクⅡ改(フリッツヘルム) [重撃/地・宇]

ついに来ました百式キュベレイ、なんとCOST380です。

百式 [強襲/地・宇]
>武装や機動性など、総合的に扱いやすい強襲機。
>ジャンプ移動中の敵機に有効な「拡散式クレイ・バズーカ」と
>高威力のロケット兵器「クレイ・バズーカ」を使い分けることができ、
>固有のバトルアシストモジュール「耐ビーム・コーティング」に
>よりビーム兵器に対して耐久性が高い。

ついにアンチビームコーティングされた機体が来ますね。
アーマーが30%以下になるまではビーム攻撃が軽減されるようです。
そして恐らくガンダムMk-Ⅱのようにクレイ・バズーカは
拡散⇔通常と武器の切替時間なしで使えそうですね。 
また、高威力ということでおそらく万バズ(威力10,000)かと思います。
機体の動きはジーライン(ライトアーマー)と同じような感じでした。
おそらくジーライン(ライトアーマー)・ケンプファー・ガーベラ・テトラ同様の
「特殊ブースト」かと思います。(初速110%、高度が落ちにくい)
気になるのは耐久力ですね。

キックをしています。これは「格闘プログラム」でしょうか?
go0342

go0338


ネモ [強襲/地・宇]
>充実した射撃武器をもつ、扱いやすい強襲機。
>フルオート方式で発射される「速射式ビーム・ライフル」や
>弾頭を高速で打ち出す「170mmキャノン」などの射撃武器を持ち、
>近~中距離戦で臨機応変に対応が可能。

COST240の強襲機体のようです。
もしかしたらジェスタ、ジェガンA2型などと同じタイプの
ビーム・ライフルを装備してるかもしれないですね。
同コスト帯の「陸戦型ジム(強襲装備)」「ジム(指揮官用)」等の機体と
どこまで差別化できるか気になりますね。 
次世代機ということで、機体性能も260以上あるといいのですが・・・ 
go0339


キュベレイ [強襲/地・宇]
>小型ビット兵器「ファンネル」を巧みに操る強襲機。
>ビーム属性の攻撃を一定量軽減する固有の
>バトルアシストモジュール「サイコ・フィールド」を備え
>両腕に「ビーム・ガン」や「ビーム・サーベル」、
>遠隔操作して敵機に全方位から攻撃する小型ビット兵器
>「ファンネル」を使用して巧みに攻撃することが可能。

こちらも百式と同様にビーム耐性があるようです。
両手ビーム・ガン、両手ビーム・サーベルなど
中・近距離でも十分に戦えそうですね。
一番気になるのは当たり判定(とくに肩)ですね。

ファンネルは丸い円(レティクル)内の敵を右クリックしてロックオンし、
攻撃(左クリック)することで恐らく下のゲージが溜まっていき、
ゲージが溜まったら自動的に攻撃されるものかと思います。
攻撃してから、ゲージが溜まっている間に
武器が変更できるのでしょうか・・・やってみないとわからないですね。
go0341

かっこいい。
go0340


ザクⅡ改(フリッツヘルム) [重撃/地・宇]
>多数のロケット兵器を装備し戦場制圧能力に長けた重撃機。
>比較的機動性も高く、敵機を粉砕して戦場を制圧していくことができる。

COST320コストの重撃のようです。
「機動性も高く」とあるように強襲仕様のブーストかもしれません。
シュツルム・ファウストももちろんあるんじゃないでしょうか。

これはもしかしてチャージマゼラ・トップ砲でしょうか?
go0343

とにかく一番きになる百式とキュベレイは初のCOST380です。
GP01やガーベラを超える性能というのは恐ろしい気がします。
また、TIME(再使用時間)もとんでもないんじゃないかと思います。